ものぐさOLのゆるゆるミニマルライフ

たのしく快適に生活したいアラサー女のまじめな手抜き生活

「プチ断食」は意志が弱い人にこそ向いている健康・ダイエット法

f:id:unachka:20190924232810j:plain

 

こんにちは、ものぐさOLウナチカです。

今日は一日固形の食べ物をとらない「プチ断食(一日断食)」を実践中。ひもじいけど、ダイエットと健康のためです(アラサーですからね)

 

最近この本がとっても売れているそうです(近所の書店調べ)。 

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

 

 

ほかにもこんな本や 

「空腹」こそ最強のクスリ

「空腹」こそ最強のクスリ

 

 

こんな本も出ています。

 

 「断食」「ファスティング」は以前からある健康・ダイエット法ですが、最近改めて「食べない健康法」が注目されてきているように感じます。

 

かくいうわたしも断食を実践し始めてはや半年(月1~2回)。飽きっぽく意志薄弱なわたしでも続けられるのはほんとすごい。それくらい簡単で、いいことずくめの健康法だと感じています。

 

というわけで、今日はズボラな人にこそおすすめしたい、個人的に感じた「プチ断食」のやりかたや効果についてお伝えしようと思います。

 

いろいろあるけどどれを選ぶ?プチ断食の実践方法

先に何冊か本を紹介していますが、「基本水しか飲まないけどナッツは食べていい」「固形物はだめで野菜ジュースならいい」など、それぞれ実践方法が違って迷ってしまいます。

 

ここで意志よわよわマンとしては、たくさんの情報に惑わされず「自分に一番わかりやすくて負担がなさそうと思うものを一つだけ」選んで実践するのをおすすめします。やり方が違えど目的はだいたい一緒だからです。

 

断食の目的・効果

だいたいどの本にも書いてあるのは以下のものです。

  • 内臓を休め、回復力・排出力(デトックス力)を高める
  • 異常な食欲・味覚のリセット
  • 単純に期間内の摂取カロリーを減らす

 

わたしが選んだ方法

わたしは以下の本にのっとってやっています。 

 著者の大沢剛先生は伊豆高原で「やすらぎの里」という超人気断食宿の代表をしている方。(実は昨年の9月にこちらの一週間の断食プログラムに参加し、すっかりファンになってしまったという経緯があります)

 

実践方法もとっても簡単で、

  • 前日の夜は和食など軽めの食事をとる
  • 当日は一日3回、野菜ジュースを飲んで食事とする(そのほかはノンカフェインのお茶や水のみ)
  • 翌日は回復食として、五分がゆ、全粥、半量の和食を朝昼晩にそれぞれいただく

というもの。

野菜ジュースやお粥はコンビニの市販品でもよいというのがズボラ人間的にはポイントが高いです。

 

また、この本ではリラックスした状態で断食するために週末の実施を推奨していますが、わたしは外食の予定を考えて週初めの2日間で行うことが多いです(仕事中は食欲から気がそれるのもよし)。

 

 

わたしが感じた断食の効果

約半年のプチ断食で感じた変化は次のとおりです。

 

食べる量や食べたいものの種類が変わった

「断食なんかしたらそのあとドカ食いして体に悪いのでは?」と思われる方も多いと思います。わたしもそこは心配していました。

なぜなら断食中、マックのポテトやコンビニスイーツ、普段は好んで食べないかつ丼やラーメンのことが頭から離れないからです。

 

しかし、心配は無用。断食明けにはなぜか「塩おにぎり」や「お麩のみそ汁」「おひたし」「シンプルに焼いた魚」などあっさりした和食が食べたくなるんです。不思議なことに。

 

もちろん断食していない期間は脂っこいものやがっつりしたものも食べるのですが、わりと少量でお腹がいっぱいになって食べ過ぎることがなくなりました。

あと外食の料理が以上にしょっぱく感じるので、それもストッパーになっています。

 

じわじわ体重が減ってきた

食べるものが変わったおかげか、体重も自然に減ってきました。わたしの場合は1年で約10キロ

一カ月1キロ以下なので大したことない数字と思われますが、断食以外の食事制限を意識せずに減っているのはすごいと感じます。当然リバウンドもなし。

 

そのほかいろいろな変化が

寝つき・寝起きが良くなったり、肌の乾燥が緩和したり、メンタルがいつもより安定していたり、理屈は分からないけど「これが健康?あるべき状態?」という気分になれます。

 

まとめ:意志が弱い人・ズボラさんにこそ断食をおすすめしたい理由

 我慢するのは1日だけでいい

毎日お米を我慢するとか友達の誘いを断るとかは難しいですが、我慢するのは1日(と回復食の1日)だけなので、なけなしの意志をそこに全振りすることができます。

 

やるべきことが単純で明確

意志が弱い人はちょっとでも楽な選択肢があるとなし崩しにぐーたら不健康な行動をとってしまいがち(わたしのことです)。

断食は摂取できるのが限られた飲み物だけと分かりやすくそれを外れるとルール違反なので、脱線する余地を与えません。

面倒なカロリー・糖質計算が不要なのもズボラに優しいポイントです。

 

効果がすぐ見える・達成感を味わえる

目先のことのみ考えがちなわれわれには分かりやすい結果が必要です。その点断食はたった2日間のチャレンジですが、効果が表れるのが早い。見た目はむくみが取れてちょっとスリムに、体や頭は軽く、ご飯はおいしい。なによりやり切った達成感があります。

 

以上のとおり、「ダイエットしたいのに続かない」「生活を整えたいけどつい不摂生してしまう」ズボラな皆さん(仲間!)、断食、超おすすめです。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村