ものぐさOLのゆるゆるミニマルライフ

たのしく快適に生活したいアラサー女のまじめな手抜き生活

【何も置かない】お風呂のキレイを保つ「銭湯スタイル」のススメ

f:id:unachka:20190929134020p:plain

こんにちは。ものぐさOLのウナチカです。

土日休みの方、休日はいかが過ごされましたか?

わたしは特にすることもなかったので、昼間から長風呂するなど時間の贅沢をたのしみました。

 

お風呂掃除、好きですか?

お風呂で過ごす時間が大好きなわたしですが、お風呂掃除は大嫌いです。

わたしのようにズボラでなくとも、お風呂掃除は嫌いという方は多いのではないでしょうか?

手間がかかる割に、毎日使うのですぐ汚れる場所。それも皮脂や髪の毛、よくわからないぬめりなどちょっと素手では扱いたくないタイプの汚れ。

 

それでも入浴大好きマンとしてはきれいに保っておきたい。

そんなわたしがおこなっている「お風呂掃除をできるだけきれい保つ方法」について紹介します。

 

お風呂をきれいに保つコツは何も置かないこと。以上!

タイトルのとおりです。お風呂掃除が面倒な理由、わたしの場合は「範囲が広い」「濡れてしまうのが面倒」「細々したところに汚れがたまる」でした。

「範囲が広い」は変えられないにしても、あとの2つは「何も置かない」ことでだいたい解決することができます

 

うちの「何も置いていないお風呂」をご覧ください

f:id:unachka:20190929134040j:plain

じゃん。

風呂いす、蓋、もともと設置してあった棚(右手)の3段のうち上2段は無くしました。本来ボディータオルをかけてある場所にかけてあるのはデッキブラシです。

www.muji.net

www.muji.net

 

道具をその都度持ち込む「銭湯スタイル」が最強

何も置いていないので、毎回道具を持ち込む「銭湯スタイル」です。

出る時はタオルで軽く拭ってから洗面所の棚に置いておきます。

 

f:id:unachka:20190929134158j:plain

わたしの風呂道具。かごは無印良品のステンレスワイヤーバスケットです。

www.muji.net

 

f:id:unachka:20190929134214j:plain

夫の。ケロリンの桶を使用した、まさに男の銭湯スタイル。

 

銭湯スタイルのメリット

お風呂に何も置かない、持ち込み形式のメリットは以下のとおりです。

 
当然容器底のぬる付きとは無縁

置かないので当然ですが、お風呂掃除の鬼門の一つ「容器のぬるつき」が起こることはありません。

お気に入りのバスグッズをお使いの方も多いと思いますので、それをきれいに保てるのは心理的にもかなり良いとおもわれます。

 
大雑把に全体をシャワーで流して掃除できる

お風呂をきれいに保つには毎日掃除するのが一番。

入浴のたび、上がる前にシャワーでザっと、とにかく大雑把に流すことができるのはかなりの手間削減になります。

シャワーだけでなく、風呂用洗剤もシャンプー容器や石鹸を気にせずに使用することも可能。 

ルックプラス バスタブクレンジング クリアシトラスの香り 本体 500ml+詰め替え 450ml

ルックプラス バスタブクレンジング クリアシトラスの香り 本体 500ml+詰め替え 450ml

 

 わたしが使っているは大人気のこれ。

 

たまった髪の毛は都度、汚いと感じないうちに厚手のキッチンペーパーで拭って処分し、ざっと流します。排水溝の蓋も取っ払っていると見て見ぬ振りもできない代わりに心理的負担も少ないです。

あとはタオルでミラーと蛇口を軽く拭えば毎日の掃除は終了。

 
自分のものを責任もって管理できる

共用部分に置いてあるものの管理をつい人任せにしてしまうことってありませんか?

そしていつの間にか放置されてだんだん汚れがたまってしまったり。

 

その点、自分の持ち物であればある程度きれい保ちたいですし、もしそれが汚くなったとしてもほかの人に迷惑をかけません。

 

みんなで同じものを使うよりモノは増えてしまいますが、管理する手間や掃除道具・工程は減るのでわたしにとってはこちらのほうが「ミニマル」だなと思っています。

(あと、高めのシャンプーをこだわりのない夫に使われずに済むのがいいです……)

 

まとめ:モノを減らして作業をできるだけ単純化しよう

今住んでいる家のお風呂を使い始めて半年たちますが、とくに大きな掃除もせずにきれいな状態を保てています。

めんどくさがりなわたしが毎日ちょっとずつ掃除を実行できているなんて驚きです。それだけモノが減れば手間が減るということ。

お風呂掃除がめんどくさい、汚れを見て見ぬふりしている方はぜひ「銭湯スタイル」やってみていただければと思います。

 

それではまた。

 

もしよろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村