ものぐさOLのちょうどいい暮らし

アラサー女のまじめな手抜き生活。持ち物は少なめが好きです。

【アラサーOLの健康】簡単にできる健康・ダイエット食品「黒豆黒酢」をつくる

こんにちは。ものぐさOLウナチカです。

ここのところ福岡は涼しくて過ごしやすい日が続いていたのですが少しずつ気温が上がって夏に近づいているようです。雨も嫌ですが厳しい日差し・暑いの苦手なので少し憂鬱。

 

そして暑い時期になるとわたしが食べたくなるものの一つは「黒豆黒酢」です。もともと実家で食べていて学生〜20代半ばくらいまで自分で作って冷蔵庫に常備していた、わたしの中で定番の手作り健康食品。

炒った黒豆を黒酢に漬けるだけというお手軽食品ですが、健康効果抜群。夏バテ防止・ダイエットになどに◎らしいのです。ここ数年の美容・健康の怠け→衰えを如実に感じているので久々につくることにしました。

先日無印で購入した保存容器を熱湯消毒して使用します。

 

 

 

黒豆黒酢の健康効果

親から「健康に良い」と言われて飲んでいただけのわたしは素人なので栄養科学的なことは詳しくわかりませんが、黒豆・黒酢それぞれ健康効果が高いことは一般的に言われるところです。

 

黒豆

黒豆は健康な食材を示す「まごわやさしい」の「ま」、「豆類」です。

黒豆には体をつくるのに必要な良質なタンパク質、抗酸化作用があるアントシアニン、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれています。まごうことなき健康食品です。

参考:株式会社小田垣商店さま

 

黒酢

糖の代謝に必要な必須アミノ酸とビタミンB群、疲労回復に必要なクエン酸などが含まれています。また唾液や胃液の分泌をサポートして消化を助けてくれる効果もあるそう。

参考:宇都醸造有限会社さま

 

個人的に感じる効果

個人的には「夏に体が酸味を欲しがち」という単純な理由で食べていますが、

  • 体が疲れづらくなる
  • 食後に眠くなりにくい(食前に食べる場合)
  • 便通がよくなる

などのよい効果を感じます。ダイエット効果については……常食していた当時は黒豆黒酢以外にも美容意識が今より高かったので直接の効果はわかりませんが、「食後に眠くなりにくい(血糖値の上下が少なくなる)」「便通がよくなる」というところはダイエット・美容にも良い気がしています。

 

黒豆黒酢の作り方

黒豆黒酢の材料

先ほども申し上げたように「炒って漬けるだけ」の「ものぐさ対応メニュー」となっております。紹介するのは母が作っているのを真似した目分量なのでつくる際はご自分の好みに合わせて調整してくださいね〜。

 

黒豆を洗って炒る

まずは軽量した黒豆を洗います。わたしが1回でつくる量はたいだいたい袋半分。今回は150gくらい。

黒豆を炒る
フライパンで中火→水分が飛んできたら弱火で15分くらい炒っていきます。

黒豆を炒る
香ばしい匂いとともにパチパチ音がしてきます。皮も少し割れてくる。

 

消毒した瓶に入れ、黒酢を注ぐ

炒った黒豆を瓶に入れ、黒酢を注ぎます。正しいかはわからないですが、わたしは冷まさずそのまま。今回はひと瓶全部使いました。

あとは冷蔵庫に寝かせるだけ。半日くらい漬けておくと豆が柔らかくなり食べやすくなります。

黒豆黒酢
出来上がりはこんな感じ。お酢を吸ってふっくらしています。

黒豆黒酢
黒酢もさらに黒くなっています。

 

黒豆黒酢の食べ方

食べるタイミングについて、わたしは夕食前と食べたくなったとき(つまりいつでも)。豆10粒と黒酢大匙1杯半を食べます。

 

 

単純に水か炭酸で割って食べる(飲む)

黒豆黒酢の飲み方

基本的な食べ方は「黒豆と黒酢をコップなどに入れて水or炭酸で割る」というもの。 ガツンとお酢の味がするのでバテ気味なときにすっきり気持ちいいです。

 

蜂蜜やフルーツ酢で食べ(飲み)やすくする

蜂蜜 フルーツ酢 黒豆黒酢

味は正直言って、「まずい!もう一杯!」つまり食べ(飲み)にくいものです(でも食べちゃうんだよね……)。

もうちょっと飲みやすくしたい場合は蜂蜜を加えてみたり、黒酢の部分をフルーツ酢に置き換えたりして割って飲んでいます。かなり飲みやすいし夏の清涼飲料としてもおすすめです。

 

  

簡単で健康で夏の体に美味しく感じる黒豆黒酢

体力がなくなってきてバテ気味なアラサーに非常におすすめです。簡単なのでぜひお試しくださいませ〜

それではまた。

ランキング参加中。クリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村