【写真あり】ロルバーンノートを分解してカスタマイズする方法。長く使うも飽きて替えるも自由

こんにちは。ものぐさOLウナチカです。

前回ロルバーンのダイアリーを勉強用に使用しているというお話をしました。 

www.unachkaxx.com

最近は仕事用に使用。

www.unachkaxx.com

 

 ロルバーンダイアリーのいいところは、カレンダーなどの手帳機能のほかにノート部分が充実していること。手帳というよりはカレンダー付のノートといったほうがしっくりくる中身となっており、勉強用のノートとして使いやすいと思っています。

問題はノート部分を使い切った時

とはいえノート部分にも限りがあるので毎日使っていたら1年持たない場合が多いと思います。

新しく買おうにもカレンダー部分には勉強の計画や今までの履歴などが記録されているし、そもそも買いなおすのはもったいないし面倒。ロルバーンノートよりダイアリーの方が高いですし。 

そんな時は分解してノート部分を補充する

そんな時、ロルバーンノートはリング部分を分解して新しい用紙を補充、付け替えることができます。

ダイアリーよりも安いノートを買ってきて、中身のノート部分をダイアリーに補充。いろいろ記載済みの古いノート部分は必要に応じて廃棄したりファイリングしたりします。

ロルバーンノートを分解してカスタマイズする方法

では実際にやり方の一例をご紹介します。

準備するもの

まず準備するものは以下のとおりです。

  • 今まで使っている手帳
  • 付け替え用のリング
  • 新しいノート(写真にはありません)
  • リムーバー(最悪なくてもOK)

↑リングは断面が四角になっているもので、製本枚数に注意しましょう(わたしは文具屋で買う派)。

分解・付け替えの手順

今まで使っている手帳と新しいノートを解体して、それぞれ必要な部分を入れ替えて付け替え用のリングをつける、というのがざっくりした流れです。

リング部分をリムーバーで広げる

まずはリング部分の除去作業です。背表紙側から開くとリングの継ぎ目部分が出てきます。

継ぎ目部分はこんな感じ。

これを専用のリムーバーで一気に開いてきます。かぎ型になっているところを継ぎ目に引っ掛けて下ろす。

こんな感じで簡単に継ぎ目が開きます。

リムーバーを使わない場合は指で広げても全く問題ありません。

中身をすべて外す

開いたリングから中身を外して仕分けします。

表紙・背表紙・間紙部分、カレンダー等の手帳(スケジュール)部分、ノート部分、クリアポケット部分等に分けることができました。

ノート部分の補充の場合は、補充する元のノートも解体してノート部分だけ抜き出しておきます。

新しいリングを必要な長さに切る

外したリングは使えないので新しいリングを使用します。穴の数(長さ)に沿ってはさみでカット。

↓こんな感じで、指で開くことができます。

リングに必要な中身をとおして閉じる

 準備したリングに、今から使う中身を入れていきます。

指で閉じれば完成です。

このリングを閉じるのに専用のツールがあるらしいのですが、指でも十分に閉じられます。

完成品はこちら

あまり見た目も変わらず気にならないと思います。

リング部分はこんな感じ。わりとしっかり閉じられます。

 

素直にルーズリーフを使えばいい?でも普通のロルバーンノートが好きなんです

こんなに入れ替えるなら素直にルーズリーフを使えばいいじゃんと思う方もいるかもしれません。また今年(2020年)2月に、よりルーズリーフに近い機能のロルバーン「ロルバーンフレキシブル」も出ているしそれを使えばこのようなことをしなくてもいい。

でも、やっぱりロルバーンノートはノートだけあって作りがシンプルで丈夫だし何より表紙がかわいい。毎年どんなデザインが出るか楽しみになるのがロルバーンノートのいいところです。

 

筆者

Suicaペンギンかわいい

筆者

ドアラもかわいい

筆者

10月はじまりの2021年手帳出てます

筆者

やっぱりギラギラもかわいい
わたしの地元の「西鉄」とのコラボもありました。(現在販売を終了しており転売品しかなかったので当時の記事貼ります。かわいい)

www.buntobi.com

最初に買った手帳の表紙を1年間使い続けるもよし、中身をそのままに表紙を変えて楽しむのもよし。いろいろな使い方ができるロルバーンノート(ダイアリー)がやっぱり好きです。

 

筆者

ブログ村のランキングにも参加中。クリックしていただけると飛んで喜びます! にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA