ずぼらが過ぎて洗顔~保湿まで3ステップになったアラサーOLのスキンケアの近況

f:id:unachka:20200328102026j:plain

こんにちは。ものぐさOLウナチカです。
ものぐさすぎて顔を洗うのも面倒です

ただ面倒とはいえ、一応社会人としてお化粧をする必要もあるし、自身にもきれいに見られたい見栄があるし、それを落としてケアしないとお肌が大変なことになるお年頃。

なので長いこと洗顔~保湿まで良い方法がないかと試行錯誤してきたのですが、ここ最近安定してきて鬼門の冬も超すことができたので紹介したいと思います。

 

www.unachkaxx.com

 スキンケアが面倒とかデパコス好きの風上にも置けないヤロー(女)であることは自覚しています…。

 

スキンケア無精なわたしが求める要素

わたしがスキンケア用品に求めるのは「工程が少ないこと」「金額的に継続できること(懐事情に合っていること)」「ひどい乾燥が改善されること」です。

 

工程が少ないこと

基本的なスキンケアの工程は

メイク落とし→洗顔→(導入化粧水)→化粧水→(美容液)→乳液orクリーム(もしくは両方)

のような形になるかと思います(アルビオンなどの特殊な場合を除く)。単純に面倒!またそれぞれの工程自体が面倒な場合もあります。

スキンケアは毎日のことなのでできるだけ省力化したいのです。

 

アイテムの金額が懐事情に合っていること

アイテム数が多いうえに毎日のことなので、継続するとなると金額がバカになりません。

単純に1アイテム1,500円として上記工程フルでそろえるなら1,500×7=10,500円/1~2カ月。デパコス使うと3倍以上。

お金持ちはともかく庶民は課金する対象を絞らなければなりません。品数減らすか1品の金額落とすかのどちらかです。

 

ひどい乾燥が改善されること

スキンケアに求める事項は人それぞれかと思いますが、わたしが最も改善したいのは乾燥。冬になるとほっぺたの角質が毛羽だってかゆくなるくらい(母はこれを「はたけ」と言っていました)の乾燥肌なのです。

あらゆる肌トラブルの元凶はは紫外線と乾燥だと言う美容家もいるくらいですから乾燥対策は重視したいものです。

 

ずぼら・アラサー・乾燥肌女のスキンケアアイテム3つ

長々と前置きしましたが、上記の条件を求めてものぐさ乾燥肌女が選んだアイテムは以下の3つ。

f:id:unachka:20200328102125j:plain

  • クレンジング
    シュウウエムラ「アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジング オイル」
  • 化粧水
    イミュ「ナチュリエハトムギ化粧水スキンコンディショナー」
  • 乳液
    資生堂「イハダ薬用エマルジョン」

少な!という感じですが、今年の冬はこれで「はたけ」を作ることなく乗り切ることができました。いずれも大定番商品だと思います。

 

シュウウエムラ「アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジング オイル」

f:id:unachka:20200328102102j:plain

クレンジングはシュウウエムラの「アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジング オイル」を使用しています。

このクレンジングのいいところは何といってもダブル洗顔が不要である点。それで選んで使用感もいいので150ml→450ml→450ml(今)とリピートしています。

わたしはお風呂に持ち込んで使用

使い方は3~4プッシュを顔全体になじませた後、水かお湯で乳化して落とすというものです。

塗れた手でも使えるということでわたしは入浴時に使用。浴槽に浸かって毛穴が開いたあたりで入浴しながらなじませています。浴槽を出る時に乳化して洗い流し、浴室を出たらすぐに保湿!の流れ。

こちらの商品はお化粧をしていない朝にも使えるそうですがわたしは夜のみ使用しています。

 

www.unachkaxx.com

 

450mlで税抜き11,500円は高いか

この商品の気になる点がお値段だと思います。150ml4,600円、450ml11,500円となかなか高価。

450mlを使用しているわたしの場合ですが、夜のみ使用の1日2~3プッシュで半年以上持ちました

ということは1カ月当たり約2,000円。洗顔フォームも兼ねていると考えたら1,500円の商品を2つ揃えるよりも安い計算。使い方によってはそれほど負担にならないのではないかと思っています。

一気に出費するには高いのでわたしは月に2,000円積み立て。

 

 ↑まずは小さいサイズでお試しいただくのがいいかもしれません。

 

イミュ「ナチュリエハトムギ化粧水スキンコンディショナー」

f:id:unachka:20200328102151j:plain

化粧水はこちらも大定番の「ハトムギ化粧水」です。値段は715円(税込)。ドラッグストアーなどではもっとお安く購入できると思います。

以前本か何かで化粧水の成分のほとんどは水だということを見たので、ここの工程にはお金をかけずとにかくじゃばじゃば使うことを目的にして選びました。

アルビオンのスキコンだと自己暗示をかけながら使用しています。

無印のスプレーヘッドを付けてコットンを省く

f:id:unachka:20200328102206j:plain

こちらの化粧水の出口には無印良品の「スプレーヘッド・トリガータイプ化粧水用」を装着して顔に直接吹きかけています。

こうすることでコットンが省ける上、コットンに染み込ませるより少量で顔じゅうに行きわたって節約にもなります。コットンの刺激が苦手な人にも◎。

 

スプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水用 通販 | 無印良品

 

資生堂「イハダ薬用エマルジョン」

f:id:unachka:20200328102225j:plain

仕上げは資生堂「イハダ」の薬用エマルジョン(乳液)を使用しています。敏感肌でも使える低刺激設計のシリーズで、使用感もシンプルな見た目もお気に入り。

乾燥と外部刺激から肌を保護することに特化しているということで、「肌を健康に保つ」視点で考えると無駄がなくよいのではと思います。

本当はこの後に「薬用バーム」で蓋をする工程なのですが、わたしはこのエマルジョン締めで乾燥しなくなりました。もしかしたら元が乾燥肌なのではなくいろいろつけすぎだったのかもしれない。

 

保湿バームはコンパクトで持ち歩きにも最適

f:id:unachka:20200328102246j:plain

同シリーズの「とろけるべたつかないバーム」も使用したことがありますが、少しの量で伸びもよく、かなり防御力(保湿力)が高そうな使用感でした。商品名のとおりとろけてべたつきません。

コンパクトなのでわたしは「旅行・出張用ポーチ」に入れてスキンケアの仕上げに使っています。ホテルや飛行機のの乾燥にも負けない。

 

自分に最適のものを選べば品数少なくデパコスも使える

以上が「ずぼら・アラサー・乾燥肌・庶民」が使用しているスキンケアの近況です。謎のラインナップ&理屈はわかりませんが、ここ最近で一番調子がいいです

お金をかけるところとかけないところ・使うものつかわないもののメリハリをつけることで好きなデパコスを使いながらも家計を圧迫しないスキンケアを維持することができています。

肌については本当に個人差が大きいので難しいかもしれませんが、同じような悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

 

それではまた~~。

筆者

ブログ村のランキングにも参加中。クリックしていただけると飛んで喜びます! にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA