ものぐさOLのゆるゆるミニマルライフ

アラサー女のまじめな手抜き生活

シンプルな部屋に憧れを増すヨーロッパのアパートメントでの年越し

こんにちは。ものぐさOLウナチカです。

年末ですね。2019年もおわり。わたしは現在旅行先の海外(イタリア)にいるのでイマイチ実感がわきません。街は未だにクリスマス飾りですし。

新年大事にする日本の年越しはやっぱり特別な雰囲気があって大好きです。

 

自分がいなくても、年越しは部屋をきれいに

日本の家はきれいに年を越させたい、ということで出国前に片付けてきました。

f:id:unachka:20191231140942j:image
f:id:unachka:20191231140938j:image
f:id:unachka:20191231144017j:image

 

 

www.unachkaxx.com

 

写真には写していないけど冷蔵庫の中の生ものはカラに(パズルのように献立を考える日々……)。

 

帰国後すばやく日常に復帰するために必要なので極力やっていることですが(帰国後のアンパッキングはまた書ければ)、

年越しともなると日本人的な精神を発揮して、なおさらちゃんと整えておきたくなるものです。

 

 

旅行でのシンプルな、持たない生活

さて、以前も書いたかもしれませんが、旅先では普段よりもシンプルな部屋で、厳選された持ち物を用いて生活するのでより一層「シンプルな生活」への意識が高まります。

 

www.unachkaxx.com

 

 

シンプルだけど素敵なヨーロッパの貸し部屋

特にヨーロッパではホテルではなく、簡易キッチンなどが付いたアパートメント(民泊)を選ぶことが多いのですが、これがまたよい刺激になります

ヨーロッパは日本や他のアジアに比べてアパートの一部屋を貸し出し用に改装した民泊(やそれに近いホテル)が多く、キッチンや洗濯機などを利用して生活するように滞在できるのが魅力です。

f:id:unachka:20191231143339j:image
f:id:unachka:20191231143335j:image
f:id:unachka:20191231143344j:image

大抵がIKEAとかその土地にある安い雑貨屋のものを活用しているようなのですが(むこうの人って水回りとかも自分でやっちゃいますよね)、アイテムが少ない上にセンス良く配置されているので安っぽく見えなくて素敵なんですよね(天井が高いというのもあるかも)。

 

いま泊まっている部屋のキッチンはこんな感じ

f:id:unachka:20191231143632j:image

持ち主が準備したものや、過去の滞在者が置いてあったと思しき最低限かつ十分な備品が揃っており、日本的な自炊を考慮しなければこれくらいで十分な生活ができるんだな〜と実感できます。

 

2020年も快適な暮らしを模索したい

という感じで、自分に合った最小限(ミニマル)だけど豊かで快適な生活を模索していきたいなと再確認した次第です。

今日は日本から持参したどん兵衛を食して年を越します。

皆さん良いお年を。2020年もよろしくお願いします。

 

よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村